Loading...

相关信息

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

 

拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

さて、祐澤株式会社では年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

敬具

 

 

■年末年始休業日
2022年12月27日(火)~2023年01月04日(水)

 

※2023年01月05日(木)より、通常営業を開始いたします。
※お問い合わせにつきましては、2023年01月05日(木)以降ご連絡させて頂きます。

お急ぎの方はメール:rakurakuhausu@gmail.comかLINE:shangquan136  までにご連絡ください。

本社事務所移転のご挨拶

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

この度、弊社は業務拡大のため新事務所へ移転することになりましたのでお知らせ申し上げます。

これを機会に、社員一同一層社業に専念いたしますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

新住所 : 東京都北区赤羽1-66-7 清誠ビル4階
電話番号 : 03-5939-7591
FAX番号 : 03-3902-2345

購入の流れ

★ステップ1★ ご希望条件をお伺いします

ご希望のお住まいのご希望条件をお伺いします。ご購入の予算をスタッフにお伝え下さい。
物件の購入時には物件価格とは別に税金等の費用がかかります。
不動産や資金計画についてのご相談を随時受付けておりますので、是非、お気軽にご相談ください!

★ステップ2★ 物件の紹介

ご希望の条件に合った物件をスタッフが調査、最適な物件をご紹介します。ご興味のある物件が見つかったら、お知らせください。詳しい物件の情報をお知らせいたします。不動産や資金計画についてのご相談を随時受付けておりますので、是非、お気軽にご相談ください!

★ステップ3★ 現地見学・お申込み

気に入った物件が見つかったら、積極的に現地見学をしましょう!
日当り、風通しなど図面では分からないこと、最寄の駅への所用時間などの周辺環境をよく確認します。ご購入の物件が見つかりましたらもう一度、諸費用の確認や具体的な資金計画等の打合せをします。お申し込み後、重要事項説明を経て、不動産売買契約を結びます。ご相談を随時受付けておりますので、是非、お気軽にご相談ください!

★ステップ4★ ご契約

重要事項説明、売買契約の締結を行います。
「重要事項説明」とは重要な事項を説明するものです。
宅地建物取引主任者により 『重要事項説明書』 によって説明を行います。
「売買契約」とは 『不動産売買契約書』を用いて締結されます。
不動産売買契約書は、取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全で確実な売買の成立を目的とするものです。

★ステップ5★ 決済・引渡

いよいよ新しいお住まいの引渡となります。
・残代金の授受
・登記必要書類(司法書士の立会い)
・諸費用の精算
・物件の引渡し

賃貸の流れ

★ステップ1★ ご来店

お客様にぴったりの物件をお探しいたします。
ホームページに掲載していない物件などもございますのでお気軽にご来店、ご連絡ください。
ご希望の条件をお知らせください。

★ステップ2★ お気に入りの物件が見つかったらお申し込み

物件情報は、数多くの不動産業者が情報を共有しています。
人気の物件は競争率が高くすぐに申し込みが入ってしまう場合があります。
気に入った物件が見つかったら、なるべく早く申し込みをしてください。正式にお申し込みをされた時点で、他の申込者の受付けを中止します。

★ステップ3★ 審査

お申し込み後入居審査を行います。入居審査は、申し込み時からおよそ3から7日前後です。審査の内容は、ご本人様と保証人様の電話確認が基本で、その場合連絡が取れ次第審査の結果がでます。

★ステップ4★ ご契約

審査が終了しましたら重要事項説明および、契約の締結を行います。重要事項説明書は、契約書と合わせて重要な内容となります。
説明を受ける際には、説明内容はもちろんのこと疑問に思っていることなどスタッフにおたずね下さい。

★ステップ5★ ご入居

いよいよ待ちに待った新生活のはじまりです。
電話やインターネット、ガス、水道などの手続き、引越準備や業者の選定など、ご入居前の各種手配は早めに行うことをおすすめします。

关于银行贷款

基本上居住在海外的人士无法在日本当地的银行申请贷款买房。居住日本国内的台湾人士可在日本的银行经过审査后、申请贷款。

当然购买时也可以一次付清、由台湾付款汇到日本、以日币支付。

关于中国大陆目前可以取得购房贷款的条件相对比较苛刻,中国银行东京分行和中国交通银行东京分行都分别开设有贷款业务,但各行的标准有较大的差异,具体情况需要客户亲自和各银行取得联系进行咨询。

购入房屋相关费用

在日本购买房产时,客户除了要支付房款总价格之外还需要支付税金及其他各项费用,这些费用大约占到房款总价格的5—6%(现金购买的情况)

项目 费用解释 备注
印花税 贴在房屋购买契约书上的印花税票 一次性支付
房产登记费用 办理房屋过户登记手续时的{所有权变更登记}费用,一般情况需要缴纳固定资产税评估额的1%,(贷款的情况为借款总额的0.4%) 一次性支付
贷款手续费
(现金购买时无此费用)
如有贷款则需要向银行支付贷款手续费,贷款担保费等各项费用(具体金额有各银行决定) 一次性支付
保险费 火灾保险费用(由购买人自行决定是否加入)
固定资产税 由国家收取,每年的具体金额大约是国家规定的固定资产税缴纳标准的1.4% 每年支付
(5月中旬)
房产取得税 固定资产税评估额的3% 一次性支付
仲介手续费 在签约是中介方按国家规定收取的服务费,具体收费标准是{成交金额(含税)×3% + 6万}+消费税 一次性支付
其他杂费 如果是带有租客的房屋买卖,还需支付(或者收取)契约本身所带的押金,房租及固定资产税的部分分摊费用(按日计算)

关于税金的相关解说

不动产取得税

有关不动产取得税的纳税方法,在取得后6个月至1年半左右之间,以从各都道府县收到的”纳税通知书”在金融机构缴纳。此外,纳税期限因各都道府县而不同。

●土地・建筑物的税额=固定资产税评估金额×4% (标准税率)
但是,根据特例如下所示,标准税率会被减轻。土地及住宅3%(截至2012年3月31日)・住宅以外的房屋4%

登记许可税

建筑或者购买土地、建筑物时,须进行所有权保存登记或转移登记等。进行该登记时发生的税金为登记许可税。
●税额=徵税标准×税率

印花税

对印花税法规定的徵税文书徵收印花税。
在不动产交易中,不动产的买卖合约及建筑物的建筑承揽合约、土地租赁合约、贷款时的金钱消费租赁合约等是属于徵税文书,根据合约的记载金额确定税额。

固定资产税・都市计画税

固定资产税、都市计画税是以每年1月1日现在的不动产所有人为纳税义务人。作为徵税厅的市区町村计算税额后,通知纳税义务人应纳税额,纳税人依此缴纳税额。固定资产税、都市计画税以固定资产税评估金额为徵税标准来计算。固定资产税评估金额每3年重新评估一次。有关住宅及住宅用地,规定有徵税标准及税额的减税措施。

●固定资产税额=徵税标准×1.4%(标准税率)
●都市计画税额=徵税标准×最高0.3%(上限税率)